So-net無料ブログ作成
検索選択

無罪主張する被告に実刑判決 東京地裁の強盗致傷事件(産経新聞)

 昨年5月に東京都内で発生した2件の強盗事件を指示したとして強盗致傷罪などに問われた無職、久保松幸被告(56)の裁判員裁判の判決公判が14日、東京地裁で開かれた。大善文男裁判長は懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。

 久保被告は「犯行を指示したことはない」と無罪を主張。3月の裁判員裁判で「久保被告に利用され従属的に犯行に関与した」と認定され有罪が確定、服役中の実行犯の男が証人として出廷し、「久保被告とは相談していない。私の単独犯」などと証言していた。

 大善裁判長は、久保被告の指示を認めた実行犯の捜査段階の供述や3月の裁判での証言を「自然で信用できる」と指摘。一方で久保被告の関与を否定した今回の公判での証言を「行き当たりばったりで不自然」と退け、久保被告の指示を認めた。

 判決言い渡し後会見した裁判員の男性は、久保被告の関与を示す証拠が、実行犯の証言など間接証拠ばかりだったことについて「(有罪か無罪かを)判断する材料が少なかった」としつつ「裁判官からは、公判で出た証拠で判断するように言われた。今回出てきた証拠で、全員で判断した結論」などと述べた。

【関連記事】
元妻射殺の塗装工に懲役22年 福岡地裁
裁判員裁判、初の一部無罪判決
「裁判員に知り合いがいる」 被告の勘違いで休廷
強盗殺人未遂罪で19歳起訴 裁判員裁判の対象に 宇都宮地検
「反省見えない」強盗致傷の男に懲役7年

新薬の昨年度総審査期間、2.8か月短縮(医療介護CBニュース)
東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
在任中の靖国参拝否定=首相(時事通信)
生活保護の老齢加算金廃止、初の違法判断(読売新聞)
<雑記帳>新キャラ「はやぶさ翔」は東北新幹線PRを担当(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。